エッチしたかったら出会い系の欲求不満人妻を狙え!

エッチしたかったら出会い系の欲求不満人妻を狙え!

ああ、とりあえずエッチしたい。女性の膣の中で射精したい!

 

若い男性ならみんなそう思うよね。

 

常に下半身を勃起させて膣のことばかり考えているけど、膣なんて贅沢なものがそう簡単に手に入るはずがない。

 

しまいには我慢できなくなってオナニー。

 

無機質なティッシュの中に射精。みんなもそんな経験あるだろう?

 

そんな人にオススメなのが出会い系の人妻だ。

 

エッチしたかったら出会い系の人妻を狙うのが得策。

 

たしかに二十歳前後のピチピチしたギャルに比べたら肌の張りも弾力も劣る。

 

年代によっては小皺も目立ち、乳も垂れ気味かもしれない。

 

でも確実にセックスさせてくれるという点においては人妻を選ぶメリットはある。

 

出会い系にくる人妻はセックスレスの欲求不満の固まりだ。

 

出会えたらほぼ間違いなくセックスさせてくれると考えてよい。

 

僕も君と同じようにセックスしたくてたまらない人だった。

 

朝っぱらからAV観ながらオナニーにふけったこともある。

 

大学のトイレで抜いたことも一度や二度じゃない。

 

電車の中では痴漢しそうになったときは自分が怖くなった。

 

これは何とかしないといけない。一日も早くセックス相手を見つけないと人に迷惑をかける。

 

変な話、誰かとセックスすることが急務だった。

 

僕が選んだのは出会い系。

 

出会ったのは偶然だけど人妻だった。

 

会うまで独身のアラフォーだと思っていたけど、お茶飲んでいるとき、人妻だと告白された。

「それってヤバくないっすか? ご主人に隠れてこんなこと」

 

「君は何も知らないのよ。別に珍しいことじゃないのよ」

 

僕はマジで怖くなってうつむいた。

 

すると身体を寄せ、顔を近づける。

 

「そんな寂しい顔しないでえ~。私まで寂しくなっちゃうわ。せっかく君に会えて寂しさから逃れられたっていうのにさあ」

 

唇をとがらせて誘惑視線で僕を見ている。

 

怖いけどドキドキする。いい匂いもするし、ムラムラしてくる。頭の中が真っ白。

 

「可愛いわ・・・若い子って」

 

それから軽く散歩。都会の雑踏を腕組んで歩く。

 

人妻とこんなことしていていいのかと不安になる。

 

けど、柔らかな肌の感触を味わう内に勃起してきて、どうにも性欲を抑えきれなくなって、電話ボックスの横で抱きしめて唇を押しつけてしまった。

 

嫌われると思ったけど、彼女はにこっと笑っった。

 

「もうすぐだから。我慢しようね」

 

百メートルほど前にラブホテルが見える。彼女は最初からそこに行くつもりだったらしい。

 

それから彼女とセックスした。

 

意外に簡単にさせてくれたのでびっくりしている。

 

彼女とは事情があって二週間で別れたけど五回セックスさせてくれた。

 

太い乳首と毛深い恥丘が脳裏に焼き付いて離れない。

 

セックスするなら出会い系の人妻を狙え。

 

僕も二人目の人妻を探し中。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
↑人掲示板に書き込んでいる人妻を見てみる↑

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX