出会い系の経験豊富な人妻で筆おろしした体験談

出会い系の経験豊富な人妻で筆おろしした体験談

僕は大学四年生。大学卒業前に童貞を卒業しました。

 

手前味噌ですが学業は優秀で学長から賞状をもらう予定です。

 

いわゆる一流と呼ばれる企業への採用も決まっています。

 

申し分のない学生生活だったと思っています。

 

でもひとつだけ足りないものがあったのです。

 

そう、僕は童貞でした。

 

このコンプレックスはずっと僕を支配していました。

 

他のどんな領域で目覚ましい活躍を見せても童貞だけは克服できなかったのです。

 

彼女を探しましたがうまく行きません。ソープランドに行く金もありません。悩みました。

 

考えてみたら童貞卒業なんて単純なこと。

 

要は女性の膣の中で射精しさえすればいいのです。

 

それで童貞でなくなるのです。

 

でもその一発がなかなか実現できない。僕のペニスと女性の膣の間には高い壁があったのです。

 

でもその壁はやがて破壊されます。

 

出会い系が打ち砕いてくれたのです。

いつものようにネットのアダルト動画でオナニーしていたところ、偶然出会い系体験談のサイトを見つけたのです。

 

そこでは人妻相手に童貞を捨てた体験が綴られてありあました。読むとなるほどと思える内容で、こんなことが書いてありました。

 

「出会い系では童貞を捨てることに専心し、なるべく経験豊富なおばさんを狙え。おばさんは若い男が好きだ。童貞歓迎だし、失敗しても母親のように優しく許してくれる」

 

たしかに母親のような女性なら童貞を可愛いと思ってくれるでしょう。

 

すぐ射精しても許してくれそうです。

 

僕はさっそく登録し、四十代の既婚女性にターゲットを絞りました。

 

決して綺麗ではないですが、お尻と太ももがセクシーなご婦人とコンタクトを取りました。

 

僕がご婦人に会いたいと思っている理由がすぐにわかったようで、電話をかけてくれました。

 

「明日の午後だったら空いてるわよ。大丈夫。ちゃんと卒業させてあげるからね」

 

ほっとしました。まるで難病を退治してくれる名医に出会ったような心境です。

 

セックスのことは良く覚えていません。覚えているのはご婦人の乳房が垂れていたことと、陰部がグロテスクだったことです。

 

それでも「女」ですから僕は死ぬほど興奮しました。

 

興奮しすぎて、一回目は挿入できず太ももの上で射精しました。

 

「くそ・・・もう少しだったのに」

 

「そんなに落ち込まないで。一回出しちゃえば二回目は落ち着くわよ。二回目は中出しでいいからチャレンジしてみて!」

 

優しいご婦人で、二回目はちゃんと膣を開いて導いてくれましたし、腰を動かして奥の方に刺しこんでくれました。

 

「ああんッ! いいわ・・・・これが若い子のおちんちんね」

 

「ううう・・・これがオマ○コの味か」

 

ぶじ膣の中で射精し、童貞を卒業です。

 

この達成感は筆舌につくしがたいものがあります。

 

これで堂々と人に言えます。

 

「僕は童貞ではありません。セックスは経験済みです」

 

ああ、何と意気軒昂な言葉の響きだろうか。

出会いSNS PCMAX(PCマックス)
↑人掲示板に書き込んでいる人妻を見てみる↑

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX